バナー

moonshotの得意分野

moonshotはこれまでのサーバシステムと比べてスケーラビリティとスペースなどのコストとの関係を考慮されているシステムです。


従来のシステムではスケーラビリティがある場合にはスペースや電力の問題がありました。


特にwebサービスなど急激なビジネスにおいての進歩が激しい分野では対応が難しいこともありました。しかし、moonshotでは1ユニットに45本のコンピューティングカートリッジを追加できることからスケールアップしても電力やスペースの問題は少ないと考えられます。



moonshotが利用出来る分野はとても広いですが、特にwebサービスにおいて力を発揮している事例が多いです。

ウェブサービスはCPUパフォーマンスも重要ですが、CPUの台数が重要であり、サーバの急激な増加があります。



そこでmoonshotのAtomベースのコンピューティングユニットが力になると考えられます。

ATOMはCPUの進化とともに低消費電力でありながらパフォーマンスを向上させてきています。

livedoorニュース情報が探せます。

また、メモリの搭載量も増えてきたことからウェブサービスにはうってつけのサーバシステムとも考えられています。

何より柔軟なシステム構成が魅力であり、高集積サーバにおいても利用しやすCPUです。

また、インテル系のCPUであることからX86系のOSがそのまま動作しますのでLinuxなどウェブサービスでよく利用されるOSがそのまま稼働できるのもメリットの一つです。