バナー

3parの利点について

3parのストレージは使いやすく、中小企業から大企業までさまざまな企業で使われているシステムです。

3parのストレージの利点は主に2つあると言われており、設定のしやすさ、ノンストップで作業ができる保守性があげられています。

3parのストレージは従来のストレージとは異なる思想で組まれています。
最も違う点はストレージを区画で分けていないことです。

利用者にとっては物理的なハードディスクを論理区画に分けて利用するのが基本でしたが、3parのストレージは区画という概念がなく、利用したい分をユーザーに割り当てることができます。



そのため、大規模ストレージを持っている場合などに区画を設定するだけで時間がかかることもありません。



また、OS側からも完全に分離されていることからストレージの設定でシステム自体を止めることも必要ありません。
3parのストレージが好評な理由は設定の簡単なこともあります。

区画としてストレージを扱わないため、HDDを追加すればすぐに利用可能となります。
HDDは大容量化されてきていますが、それでも扱うデータが大きいことから本数は増える一方です。


そのため、既存のストレージを追加することが増えているのですが、HDDの設定が面倒であればあるほど保守性に問題が出てきます。
しかし、設定が楽であることからHDDの増加、障害時の切り離しなどでもOS側のことを考えずに作業ができる点も利点とされています。

Yahoo!ニュース情報サイトをご利用下さい。