バナー

3parのストレージの仕組み

ストレージといえばハードディスクの塊であり、ファイバーやiscsiなどで接続して利用する機械ですが、大容量を扱える利点はあるといえ、設定が面倒なことが欠点でした。特にハードディスクの増設の際の区画分けや障害時のハードディスクの交換などシステム全体の速度低下や停止が必要になるなど問題が多くあります。



しかし、3parのストレージはこれらの問題を専用ハードウエアで解決しています。

3parのストレージはASIC化したことで速度面で進化しています。



しかも、ハードディスクの概念を打ち破っており、区画を決めることなく全体を1つの区画として利用し、ユーザーに向けて必要な分を随時提供できる仕組みとなっています。
ハードディスクは物理的な集合体を論理区画として利用されるのが一般的ですが、3parのストレージは論理区画自体が物理区画から話されていることからハードディスクの追加、交換でもストレージの速度低下等が起きないと言われています。

Yahoo!ニュースに関するお役立ち情報コーナーです。

特にハードディスクの増設では新たに区画を作ったりと面倒な作業がありましたが、増設すればすぐに全体のハードディスクとして認識されることから利用者にとっては違和感なく使える容量が増えると好評です。また、すべてのハードディスクに書き込みを同時に行うことから障害時にも強い耐性があります。
レイド構成などで対応している従来のストレージ技術に比べてASIC化されたシステムは格段に早く、安全に対応してくれます。